1. HOME
  2. 工場紹介

工場紹介

Factory introduction

1977年に竣工した佐倉工場は、多様化する製剤のニーズや高度化する衛生管理に対応すべく、時代に合わせて進化してきました。
東京ドームを超える広大な敷地面積に、固形製剤、半固形製剤、液剤、注射剤など、幅広い剤形の医薬品を製造できる設備と、それを支える品質試験エリアや物流倉庫などを有しています。
今後も岩城製薬株式会社の主要工場として、多様な製剤ニーズや、製剤開発におけるあらゆるステージにお応えするために、進化を続けていきます。

工場データ

竣工:1977年(昭和52年)
敷地面積:53,664m2
ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得

工場

設備紹介

1. 半固形製剤製造ライン

軟膏剤やクリーム剤といった半固形製剤の製造ラインで、秤量・溶融・調製・充填工程までを一貫して行うことが可能です。佐倉工場には2つの半固形製剤専用ラインがあり、それぞれ800Lと1,300Lの真空乳化装置が稼働しています。高度な衛生管理と、ステロイド剤にも対応可能な封じ込め設備により、様々な製造ニーズにお応えします。

2. 固形製剤製造ライン

固形製剤製造ライン

錠剤の製造ラインを2つ保有しています。秤量・造粒乾燥・打錠・検査工程までを同一エリア内で実施することで、異物混入などのリスクを最小限に抑えることが可能です。

3. 注射製剤製造ライン

注射製剤製造ライン

年間120万本(2019年実績)の製造に対応可能な注射製造の製造ラインです。高度な衛生管理によ り、製剤の無菌性を担保しています。

4. 液剤製造ライン

液剤製造ライン

冷温品にも対応した秤量・調製設備と、充填・検査・包装の一貫ラインを保有しています。

5. 天然物由来原料抽出設備

アレルゲン製剤製造ライン

佐倉工場が長年培ってきた天然物由来原料の抽出によって、診断薬や治療薬の製造を行っています。

6. 包装ライン

包装ライン

PTP包装機やピロー包装機、カートナーやケーサーといった各種包装機械を保有し、様々な包装形態の医薬品を包装しています。装置の適切な管理と、オペレータの教育によって、機械と人間の長所を活かした包装ラインを構築しています。

7. 治験薬製造設備

主に固形製剤に対応可能な治験薬専用の製造設備を有し、タイムリーな治験薬の供給が可能です。経験豊富な技術スタッフにより、技術移転やスケールアップなどの検討にも対応いたします。

8. 品質試験エリア

品質試験エリア

入荷原料の受入試験や、製品の出荷前試験など、製品の品質を担保するための各種試験を行っています。多様な分析機器と熟練したオペレータによって、弊社のものづくりが支えられています。

9. 自動倉庫・物流倉庫

自動倉庫・物流倉庫

最大で1628パレットの保管が可能な自動倉庫と物流倉庫により、原薬や原料、そして製品の品質を維持しながら安全に保管いたします。また、冷蔵保管品に対応した冷蔵倉庫や、危険物の保管が可能な危険物倉庫も保有しております。

10. 排水処理施設

廃水処理施設

工場の排水は、環境に配慮し十分に処理したうえで下水に排水します。ISO 14001を取得し、環境に配慮した工場運営をおこなっています。

Contact

お問い合わせ

医薬品の受託製造に関することは
お気軽にお問い合わせください。

pagetop